ペナン島のおすすめスポット



「リトル・インディア」周辺の観光スポット

 

 

ジョージタウンのインド人街エリア「リトル・インディア」周辺の観光スポットを紹介します。

 

 

「観音寺」は、中国系のペナン市民が集う寺院で、参拝客による線香が絶えません。1800年代、福建省や広東省などからやって来た中国人たちが建立しました。開館時間は、9:00~18:00です。

 

 

「アチェ・モスク」は、スマトラ島・アチェから渡って来た、裕福なアラブ商人によって、1808年に建設されたスマトラ様式のモスクです。モスクの周辺には、現在でも子孫たちが実際に生活しています。開館時間は、11:00~17:00ですが、礼拝時間の見学はできません。

 

 

「孫文の家」は、中国革命の指導者である「孫文」が、5か月程度生活した家です。

 

 

「クー・コンシ」は、ペナン島で最も壮麗な中国寺院です。中国南部からクー氏がこの地に渡り、子孫のために1898年に建設した霊廟(れいびょう)です。火災に遭ったため、現在の寺院は、1950年に再び建てられたものです。使用しされている材木なども品質が良く、外壁や屋根などに彫られた彫刻や、緻密に造られた内装には圧倒されます。開館時間は、9:00~17:00です。

 

 

また、観光スポットをあちこち歩き回るのはちょっと大変だ、という人には、「トライショー」という“自転車タクシー”がおすすめです。ジョージタウンには、無料の巡回バスも走っていますが、バスに乗るほど遠くない所へ行く際には、トライショーを積極的に活用してみてください。良い思い出にもなりますよ。トライショーは、「コーンウォリス要塞」、「ペナン通り」、「クー・コンシ」などの観光名所に待機しています。